記事20190000
  1. ホーム
  2. EVENT一覧
  3. モザイクアートの世界展 〜よく見て・よく観て・考えて〜

モザイクアートの世界展
〜よく見て・よく観て・考えて〜

 茨城大学工学部の 矢内浩文准教授梅津信幸准教授によるコンピューターアート作品と、日立市出身の洋画家・角 浩(かど ひろし)氏の絵画で構成される展覧会です。
 展覧会のキーワードはモザイクアートです。
 矢内准教授梅津准教授両氏によるコンピューターを活用したオリジナル作品は、お子さまから大人まで、「見て」、「驚き」、「観て」、「考えて」、気づく体験ができることと思います。

日時 2020年8月 4日(火) ~ 2020年8月30日(日)
10:00 ~ 18:00
休館日

月曜日

会場 角記念市民ギャラリー
参加料

無料

主催

日立市

協力

サンロクアートプロジェクト
吉田正記念事業推進委員会

対象 一般, どなたでも
お問い合わせ

日立市 文化・国際課
Tel 0294-22-3111 (内線)535
E-mail: kokubun★city.hitachi.lg.jp
★を@に変えてお送りください。

備考

※最終日は、16:00までとなります。

アクセス

〒317-0072 茨城県日立市弁天町1-3-11

アクセス詳細
モザイクアートの世界展 <br>〜よく見て・よく観て・考えて〜
詳しくはチラシ(PDF)をご覧ください